杉並アニメーションミュージアム

日に日に寒さが増していますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日私はヒートテックの長袖肌着がこの秋初の出番となりました。

さて、先日東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアムのワークショップに参加してきました。西荻地域区民センターで、アフレコアニメワークショップが開催されたのです。

好きな絵を描いて、それをコマ撮りし、声を入れるところまで全部体験できるのです。
我が家の子供達は、二人とも最近ハマっているスパイファミリーのアーニャを描いていました。
お母さんも是非!と言われ、迷った挙句子供に提案してもらったドラえもんに挑戦。

上のアーニャが娘の作品。口の動きを描きました。
セリフ「アーニャ、ココアがいい!」
下が息子が描いたアーニャで、口だけでなく腕も動かしました。
セリフ「アーニャ、何度でも世界救ってやる!」
私のドラえもんは6枚描くことで少し長めの仕上がりに。
最後のタケコプターを取り出した後のコマはスタッフの方が
ささっとアレンジを付け加えて下さいました。
セリフ「はい、タケコプター!」

出来上がりはたった数秒のアニメですが、子供達は大満足。
普段観ているアニメにどれだけ沢山の絵が使われているのかということにも気がついたようでした。
杉並アニメーションミュージアムの方々本当にありがとうございました!!

今週末にもまた別のワークショップがあるようです。
こちらも西荻地域区民センターでの開催です。
ご興味ある方、こちらのリンクからご確認下さい。
https://sam.or.jp/workshop

ところで、現在東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアムは改修工事の為、臨時休館中です。
2022年12月17日に再開の予定のようですので、またそちらにもお邪魔したいと思っています。

息子が年少の頃、シンカリオンの企画展が開催されていて、毎日のようにアニメーションミュージアムに通った思い出があります。全て無料で体験、観賞できるので本当にありがたいです。
皆様もお好きな企画展などチェックして足を運ばれてみてはいかがでしょうか⭐︎

東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム
東京都杉並区上荻3丁目29−5 杉並会館
03-3396-1510
アクセス
https://sam.or.jp/access

杉並子育て応援券が使えます!

こんばんは。
最近は急に朝晩が涼しく過ごしやすくなってきました。

今日から9月。近年2学期のスタートは9月からに限らず8月下旬からという学校も増えているようですね。
我が家の子供達は今日から新学期ですが、皆さんのご家庭はいかがでしょうか?

さて、杉並区では、就学前のお子さんがいる家庭に「子育て応援券」、区の助産師・保健師等のゆりかご面接を受けた方に「ゆりかご券」が交付されます。
妊娠期から就学前のお子さんがいる家庭まで、切れ目のない子育て支援のための素晴らしい事業です。

様々な子育て支援サービスに利用できる「子育て応援券」、「ゆりかご券」ですが、この度弊社も子育て応援券登録事業者に認定されました。

調理・洗濯・掃除等日常の家事全般の援助サービスに「子育て応援券」及び「ゆりかご券」をお使い頂けます。
注意点としましては、1回にご利用頂ける応援券の上限は5,000円分です。差額は現金でのお支払いとなります。

是非ご利用下さい^^

子供の偏食

色々な利用者さんのお宅に伺いお料理をする際、当然のことながら食の好みって本当に様々だなと思います。
特にお子様の好き嫌いに関しては千差万別。
例えばお野菜。緑のものは拒絶、柔らかければ食べる、逆にシャキシャキした食感であれば食べる、細かーくしてご飯に混ざっていれば食べる、などなど。

我が家の息子は本当に偏食がひどく苦労しました。
食べられるメニューがとても限られていて、幼稚園のお弁当にもいつも悩まされました。
食べた事ないものは基本嫌がるので、きっとこれも食べないだろうなと思いながらお料理するのは本当にキツかったです。
食育講座などに参加し、栄養士の先生に相談した事もありました。
そんなに深刻にならなくてもいいけれど、諦めてはいけないとアドバイス頂きました。
嫌いなものをほんのちょっぴりでも口にできたらOKという事にして少しずつ少しずつ美味しく色々なものを食べられるようになるのを根気強く待ちました。

小学校に上がる際には、学校給食ではどうなるかやはり心配しました。
しかし、自校式の給食だった事もあり、温かいご飯をお友達と一緒に食べられる事もあってか給食をおかわりまでして、初めてのメニューを楽しめるくらいに成長しました。
もちろん苦手なお野菜メニューなどは最初に減らしてもらっているようですが。

今は外食に行っても、子供たちと同じメニューを一緒に美味しいね!と言い合いながら食べられる事に毎回感動しています!笑
前は何をあげても「いらない!」ぷいっとされ続けていたからこそ味わえる幸せかなと思っています。

以前知り合いのママさんがこんな事を言っていました。
「子供が好き嫌いあるかってもう運だよね」
その方のお子さん達はなんでも食べられるタイプで本当に羨ましかったのを覚えています。
でも本当に運かもしれません。
お子さんがなんでも食べてくれるタイプだったら、あなたはとてもラッキーな方⭐︎
そうでない方も、子供の偏食は時が解決してくれるので安心して下さい!
いつかわかりませんが、子供と一緒に色々な食べ物の美味しさを共有できる瞬間が必ずやってきます。
その時の幸福感は格別です!!

家事代行でお料理をご希望の際には、細かな事でもなんでもご要望伺えましたら幸いです。ご家族の好みどんどんお伝え下さい!
逆に何も考えたくないので全部お任せで!でももちろん構いません^^

家事代行を使うことに罪悪感?!

利用者さんからこんなことを言われる事があります。
「育休中の身で家事代行をお願いしていいものか、迷っていました。」
「専業主婦だし家事代行を依頼するのがちょっと恥ずかしかったです。」
など。

私が思うのは、子供と24時間向き合っている環境でこそ家事代行を利用するべきなのではという事です。

子供が満足できるように遊ぶとなると、公園に連れて行ったり、児童館へ繰り出したり、お友達と約束してお出かけ、習い事などと家を空けがちになります。
外出せず、家の中で子供と過ごすにしても、子供の年齢によって多少の違いはあれど子供がずっと一人で遊んでいるなんてことはあり得ません。
子供ときちんと向き合おうとすればするほど、付きっきりになります。家事ができるのは、お昼寝の時とテレビやYoutubeをみさせている時くらいでしょうか。
しかも、テレビやYoutubeはこんなにみさせていても大丈夫なんだろうかとそれこそ罪悪感が付き纏います。

育休中で時間があるはずなのに、専業主婦(夫)なのに、家事もろくに出来ない。。。。なんて絶対に思わないで下さい!
むしろ子供と向き合いながら家事を全部こなすなんて至難の技だと思うのです。

家事代行を依頼し、来てもらったらとことん好きな時間に当てて下さい。
微力ながら、少しでも気持ちを楽にして子育てしていくお手伝いが出来たらと思っています^^

夏休み子ども向け催し情報カレンダー

夏休み皆さんいかがお過ごしでしょうか。
コロナ感染者数が急増し夏休みに突入し、状況が改善しないまま来ている現状で困惑しますよね。
我が家もできる限りの感染対策をしつつ過ごしております。

ところで皆さん、杉並区が毎年「夏休み子ども向け催し情報カレンダー」というのを発行してくれているのをご存知でしょうか。
こちら2022年のリンクです。
https://www.city.suginami.tokyo.jp/kyouiku/shogai/kodomomoyooshi/1073627.html
杉並区の図書館、スポーツセンター、博物館などで子供が楽しめる、学べる、体験できるイベントを一覧にしてとてもわかりやすくまとめてくれています。
小学生以上しか参加できないものもありますが、幼児が参加できるイベントも多数あります。

我が家も狙っている(いた)イベントがいくつかあります。
しかし、、、、今回は申し込みをしくじりました。
図書館の工作のイベントとスポーツセンターのイベントは、申し込み開始日(お昼過ぎ)に電話やネットで挑んだのですが、すでに定員に達してしまっていました。
図書館のイベントはキャンセル待ちが可能だったので念のためお願いしましたが、キャンセル待ち9組目だそうです。なかなか厳しそうです。
コロナ感染対策で定員を抑えていたりということもあるかと思いますが、やはりこういうイベントは気合を入れて申し込みが必要ですね。
大抵私は、携帯のカレンダーの申し込み日に記入、そして申し込み開始時間にアラームをセットしています笑
今回はアラーム設定を失念しており失敗しました。

申し込みが必要ないイベントに参加してみようと思っています^^

皆さんも是非チェックしてみて下さいね♪
ちなみにこちらの催し情報カレンダーは、デジタル版だけでなく紙の冊子も児童館などで手に入ります!

子連れ投票

こんにちは!
先日の日曜日は参議院選挙がありました。

私はここ何年か期日前投票に行っています。
その方が混んでいないし、会場も選べて自宅から行きやすいという理由からです。

今回はふと思い立ち、小2の息子と年長の娘を一緒に連れて投票に行ってきました。
政治のことって子供に説明するのは簡単ではないですよね。
投票という行為を実際に見てもらうことで、少しでも政治の仕組みを理解することができるのでは?と思ったのです。

大人になったら、国を引っ張ってくれるリーダーのような人たちを選ぶ権利があるんだよ〜
日本をこんな国にしたい!いや、こうしたらいいんじゃないか!とか色んな意見があって、
同じような意見の人たちが集まったグループ、政党っていうのがあるんだよ〜
などなど、簡単な説明をしながら投票所へ向かいました。

投票所にいたのはほんの少しの時間でしたが、こんな感じなんだ〜と2人とも興味を持ってくれた様子でした。後日小2の息子には、選挙の結果はどうなったの?と聞かれました。

ちなみに調べたら、2016年に法律が改正されて、投票所に連れて行くことができる子供の範囲は、「幼児」から「18歳未満」に大きく拡大されたそうです。

注意点ですが、子供が投票用紙に記入をすることや、投票箱に入れることは法律で禁止されています。ありがちですよね。実は私の娘も投票用紙を箱に入れたい!と言ってきました。

急な思い立ちでしたが、今回子連れで投票に行ってみてよかったです。
また機会を作って連れて行こうと思います!
皆さんも機会があれば子連れ投票してみて下さい^^

西荻区民センターちびっこまつり2022に参加してきました!

こんにちは!先週から連日猛暑が続いており少し自転車を漕いだだけでもヘトヘトです。
子供達の熱中症も心配ですよね。意識して水分を取るよう声がけしています。

さて、先日西荻地域区民センター協議会主催のちびっこまつりに、7歳、5歳の子供を連れて参加してきました。

缶バッチ作り
エコバック作り
オリパラソルカルタゲーム
布魚釣り
紙トンボ作り
木のキーホルダー作り
ボッチャ体験
鉄道模型
似顔絵
などなど盛り沢山!

各コーナーにたくさんの担当の方が配置されていて、みなさんとても優しく対応して下さいました。
杉並区のキャラクターなみすけのぬいぐるみを持っている娘は、缶バッチやエコバック製作になみすけやなみすけの仲間たちのイラスト、ハンコを使えて喜んでいました。
鉄道好きの息子はやはり鉄道模型でNゲージの運転をさせてもらえたことが一番満足だったようです。Nゲージ運転は20分以上列に並びましたが、並んだ甲斐があったようでよかったです。

私たちはお祭りスタートの気持ち前くらいに会場に到着しました。すでにたくさんの方が入場待ちをしていて、中に入るのに10〜15分くらい待ち、1時間半くらい楽しんで、会場を後にしました。早めの到着が良かったのか比較的スムーズに各コーナーを回ることができました。

私たちが帰る頃には後から到着した方々の入場待ち長蛇の列ができておりびっくりしました!大人気!近場で、しかもほぼ無料で(缶バッチ50円、似顔絵300円)気軽に子供とお出かけできる場を提供して頂いて本当にありがたいです。

このような子供が楽しめる地域のイベントがあったらまた積極的に参加、活用して行きたいです。
このようなイベントが地域にあることは、子育てのしやすさにもつながっていると感じています。
毎年恒例だった桃井原っぱ公園でのすぎなみフェスタは、ここ最近コロナで中止になっていましたが、今年は開催されるといいですね!
https://www.sugifes.com

Nゲージの運転
娘作エコバック&なみすけ缶バッチ

生き物が子供にもたらしてくれるもの

こんにちは!
今年の5月はなんだか雨がよく降ったり、寒い日が多いように思いますが、今日は気持ち良く晴れて気分も上がります^^

さて、みなさんのご家庭では生き物を飼っていらっしゃいますか?
犬や猫を飼われている方は多いのではないかと思います。
我が家は、子供達も犬や猫が大好きなのですが、現在ペットを飼うことができない住環境にあります。

その代わりというわけではないのですが、息子が大好きなクワガタ、カブトムシ、そしてカナヘビを飼っています。私自身はもともと虫や爬虫類は苦手な方なのですが、夫の協力もありということで渋々飼い始めたという感じでした。

生き物をきちんとお世話するという経験やその生き物自体の生体を学んだりはもちろん良いことだと思います。しかし、それ以上に最近すごくいいなと思うことがあるのです。
それは、息子の感情を安定させてくれているということです。

子供もイライラする感情や怒る気持ちを引きずってしまうことがあると思います。その子の性格にも依ると思いますが、特に我が家の長男は気持ちの切り替えが苦手だと感じています。ところが、とてもイライラしているような時でも、チラッとカナヘビさんの飼育ケースを覗いただけで嘘のように一瞬でニコニコ顔になっていることに最近気が付きました。

さっきまでずっとむすーっとしていたのに、飼育ケースをみたとたん「カナヘビさんが、穴から顔出してた〜」なんて嬉しそうに教えてくれたりします。すごく癒されているんですよね。
カナヘビさんの存在なんて大きいんだろう!!って思いました。
カナヘビさんありがとう!!笑って心底思いました。

クワガタやカブトムシを飼うことはまだそこまでハードルが高くないのですが、
カナヘビの場合、生き餌(コオロギなど)が必要でなかなか大変なのです。
しかし、最近はこんなにも息子が大好きで、癒しを与えてくれるのならば、
頑張って飼って行こうと改めて思ったのでした。

少し前は、公園でおたまじゃくしをとってきて、カエルになるまで我が家で育てました。
おたまじゃくしやカエルさんにもだいぶニコニコにさせてもらっていました!
生き物たちありがとう〜〜〜

イースターの飾り付け

こんにちは!
今月4月17日(日)はイースターでした。
イースターって?改めて調べてみました。
イエス・キリストが十字架にかけられ処刑された日から、3日目に復活したことを記念に祝い、追憶する日が「復活祭」だそうです。

我が家では、卵にペイントしたり、イースターの定番ゲーム、エッグハントなどもしないのですが、おうちのツリーは雛祭りが終わった後からちゃっかりイースターバージョンにして楽しんでいました。

いつものように100円ショップで買ったイースター用の飾りがとても可愛いんですよね。

最近では日本でも卵やウサギなどのイースターシンボルモチーフを街の中などでも見るようになりましたが、まだまだ馴染みが薄いように思います。

皆さんの保育園や幼稚園では、イースターイベントはありましたか?

Happy Easter!!

ベビーサイン

今年は桜の開花が早く、最近の強い風や雨で既にあちこちでお花の絨毯ができていますね。
桜の他にも様々なお花が咲き誇っており、本当に心を癒されます。

今日は4月1日ということで、保育園などお子様が今日から新年度という方も多いのではないのでしょうか。

さて、本題ですが皆さんはベビーサインって聞いたことありますか?
ベビーサインとは、まだうまく話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使ってお話しする育児法です。1980年代にアメリカ・カリフォルニア大学で研究され、2000年に入ってから急速に世界で広がったそうです。

私は、このベビーサインを長男を出産してから知りました。
友人がこちらの本をプレゼントしてくれたのです。

長男は、言葉の発達がゆっくりでした。
そんな長男にベビーサインはぴったりで本当に助かりました。
今何がほしいとか、お母さん、お父さんというのもベビーサインでお話してくていました。
水、ヨーグルト、美味しいなど…だいぶ記憶が薄れてしまいましたが、かなり色々なサインを使っていました。サインで意思を伝えてくれる息子の姿は本当に可愛かったですし、お互いストレス少なくコミュニケーションが取れたと思います。

赤ちゃんとのコミュニケーション手段としてこんな方法もあるんだよ!というご紹介でした^^