子育て、自分を責めてしまう?

人はそれそれ個性を持っている。
当たり前の話なのですが、子育てをしていてこんな風に感じたことはないでしょうか。自分の子供はどうしてこういう行動をとってしまうんだろう、どうしてこんなに表情が乏しいんだろう、どうしてこんなに好き嫌いが多いんだろう、どうしてこんなこともまだできないんだろう、など。。。そして、それは自分やパートナーの性格や、子供への接し方、育て方のせいなのでは?と考えてしまったり。

例えば、お友達におもちゃを「かーしーて?」と言われた時に、絶対に貸せない。何かお友達とのやりとりで思い通りにならない時にお友達を噛んでしまう、パンチしてしまう。本人は楽しんでいるはずなのに表情は暗く周囲からは楽しんでいるように見えない。親としてどうしてだろう?と理解できなかったり納得いかなかったり色々あると思います。

自分を責めて真剣に悩んでしまう方もいるかもしれません。でも、そういうことって下の子が生まれた時に解決することも多いように思います。解決するというか自分を責めることをやめられると言えばいいのでしょうか。全く違う性格の兄弟が生まれて、上の子の不得意なことは、ああ別に自分の子育ての仕方のせいじゃなかったんだと気が付けるのです。

私が言いたいのは、親は自分を必要以上に責める必要はないということです。お子さまが一人という方にもぜひ気付いていて欲しいです。もちろん、そんなこと言われなくてもネガティブ思考にならずに上手く子育てを楽しんでいらっしゃる方もたくさんいるかと思います。私は、色々悩んだこともたくさんありましたが、下の子が生まれて救われた部分が多々あったように感じています。

そして、今さらに思うのは、例えばおもちゃを貸せないことや好き嫌いが多いことなど、別に大したことではないということです。もしかしたら良いこととも言えるかもしれないと思うのです。おもちゃを貸せないって、そのおもちゃで遊ぶ時間をすこく大切にできていて集中している証拠かもしれません。易々と貸せるということはそこまで思入れがないとも言えます。好き嫌いは時間が解決してくれて、大抵の人は大きくなれば色々食べられるようになります。

もちろん、実際たくさんの子がいる中で遊ばせていて、毎回絶対におもちゃが貸せなかったり、手が出てしまうとなると、怪我の心配や、お友達の輪や関係性を壊したくないということで困ってしまう場面はたくさんあると思います。諦めずに声がけを続けるといった努力は必要だと思います。また好き嫌いに関しても食べないからと言って好きなものばかり与えれば良いという話でもありません。こちらも少しずつでも新しい味に触れさせてあげる努力は必要です。でも、子供の個性に関して決してネガティブになる必要も自分を責める必要もなく、子育てを頑張っている自分を褒めてあげるくらいがちょうど良いのではと思います。

家事を楽にするには…?

日々の家事を楽にする方法は様々あると思いますが、
一つ私がとても意識していることを今日は書いてみたいと思います。
それは日常の習慣の中に、家事を折り込んで少しずつ済ませてしまうということです。

例えば、我が家の場合
1、トイレ
トイレ掃除はお風呂に入る前にすると決めています。これからお風呂に入ると思えば、トイレブラシから思わず飛んで来る水滴も気になりません笑
そしてお風呂には毎日入りますので、トイレ掃除も自然と毎日できるようになり、常に綺麗な状態が保てます。

2、洗面所
洗面所のお掃除は、洗濯機を回す前にしています。方法は、軽くスポンジで洗面台、蛇口付近をこすった後、洗面所に置いてある手拭きタオルで水滴を拭います。そのままそのタオルのあまり濡れていない部分で鏡を拭きます。タオルはそのまま洗濯機の中へ。手拭きタオルをお掃除に使うことに抵抗がある方には向かないですが、我が家では少なくても毎日夜と朝に洗濯機を回しますの、その度に洗面所のちょこっと掃除とタオルの交換ができます。

3、キッチンシンク
台所周辺のお掃除は、食器を食洗機に入れた後のタイミングで行います。シンクが空の時にシンク全体と排水溝の中をスポンジでこすります。周りの水滴やガス台付近の油はねも全て台拭き用クロスで拭いてしまいます。

以上3つ例を挙げてみましたが、全てに共通して言えるのは、ちょこちょこ掃除しているとあまり汚れず一回一回のお掃除はさほど時間もかからず大変ではありません。

私は、今はこんなやり方が心地良いと感じていますが、子供達が小さかった頃はこんな風には全くできていませんでした。乳幼児が一緒でお風呂の前に掃除とか無理ですよね。特に兄弟が生まれたばかりの頃など、ただ子供達をお風呂に入れることすら大変すぎて。。。子供が一人でも自分のお風呂すらゆっくり入れない状況だったりしました。

少しでも何かの参考になればと思い、「家事を習慣の中に折り込む」ということを書いてみましたが、子育てしながらの家事は本当に大変です。

子育て、お仕事で家事に手が回らない時には、是非私たちにお任せください!

買うべきナンバーワン家電

私の周りの友人たちと話していて、またお客様のお宅を訪問して感じるのは、
日本人は外に洗濯物を干すことを好む方が多いのだなということです。

私は海外に数年間住んでいた経験があるのですが、周りはみんな洗濯物を乾かすのにはいつも乾燥機を使っていました。一度乾燥機生活を続けてしまうと洗濯物を干す生活にはなかなか戻れず、帰国後もずっと洗濯乾燥機を使用しています。

帰国後シーツなどは外で干すこともありましたが、最近ではシーツ類も含めほとんどのものを乾燥機に任せてしまっています。雨や花粉の心配をする必要がないのはもちろんのこと、干す手間と取り込む手間がないことが乾燥機を使う最大の利点だと思っています。またタオル類を乾燥機で乾かした際のふかふか具合も大きいです。

外に干さずに浴室に干して、浴室乾燥機を使用される方もいらっしゃるかと思います。
こちらの場合雨などの心配はなくなりますね。
しかし、干す手間取り込む手間は外に干すのと変わりません。。。

洗濯乾燥機の使用率などを調べていたら面白い記事を見つけました。
日本人とアメリカ人が洗濯にかける時間を比較しています。良かったら読んでみて下さい。
https://www.electroluxprofessional.com/jp/blog7452/

洗濯乾燥機の電気消費量は意外にもとても少ないですが、電気を使うことに変わりはありません。
ですから洗濯物を外に干す方が地球環境に優しいことは間違いありません。
お日様のにおいが好きという方もいらっしゃるかもしれません^^

しかし、子育てやお仕事でいっぱいいっぱい!という方で、洗濯物を干す習慣のある方は
次に買う家電として候補にする価値は十分にあるのが、洗濯乾燥機ではないかと思います。

もちろん上記のような理由やその他様々な理由で洗濯乾燥機を使わない選択をされる方もいらっしゃるかと思います。
その際には私たちがお手伝いできますのでどうぞお任せ下さい。
乾燥機を使用する場合にも洗濯物を畳む作業はありますよね!そちらもぜひお手伝いさせて下さい^^

週末の子供向け無料イベント

お子様が楽しめそうなイベントの告知です!
西荻センターまつり2024

我が家は2022年に同じく西荻区民センター協議会主催のおまつりに参加しました。
その時の様子はこちらです。

西荻区民センターちびっこまつり2022に参加してきました!

詳しくは上記記事をご覧頂ければと思いますが、
かなり混むことが予想されますので早めの参加が安心です。
行列に並ばなくてはいけない可能性を考えると、待ち時間に遊べるものがあるとより安心ですね。

気軽に参加できて、無料で楽しめるこのようなイベントは本当にありがたいです。
お近くの方はぜひ足を運ばれて見てください!

子供と絵本を楽しむ『せかいいちのねこ』シリーズ

久しぶりに大好きな絵本シリーズに出会いました。
親子でうっとり、わくわく楽しめて最高です。
出会いのきっかけは、切手でした。

かわいい切手を買うのが私の小さな楽しみの一つで、
最近は「絵本の世界シリーズ」を買ってきました。

昨年12月に発売された第7集ヒグチユウコ作『せかいいちのねこ』シリーズは、
それまで馴染みがなかったので購入を迷っていました。

こちらがその切手です。

でもせっかくなので図書館で借りてみました。
そうしたらもう本当にかわいい絵本で。
小学生の息子も娘も虜になっていました。

私が流行に疎過ぎるだけかもしれないのですが、
作者のヒグチユウコさんはファッションに詳しい方にも有名なのかもしれません。
日本限定コレクションとして、グッチとコラボレーションされているのですね!

子供と読んだのは以下の5冊です。
せかいいちのねこ
いらないねこ
ほんやのねこ
ふたりのねこ
ギュスターヴくん

どれも心がほっこりあたたかくなりました。
新たにシリーズが出てくれることを期待しています。

我が家では子育てを始めてから図書館をかなり活用しています。
杉並区の図書館について書いた以前の記事はこちらです。
借り方のコツなども書いています。

「子育ての強い味方、図書館!」
http://aisle-housekeeping.com/2021/11/24/librarysuginami/

本年も宜しくお願い申し上げます

日頃よりアイルをご愛顧頂き、心よりお礼申し上げます。

アイルは2024年も杉並区の子育て世代、働き盛りの世代が笑顔溢れる日常を送れるお手伝いができますよう、より一層のサービス向上を目指し邁進して参ります。

みなさまにとっての2024年が幸せいっぱいの一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

子供がいる家の中での蚊対策

12月半ばとなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

とても寒い日と、驚く程暖かい日があり寒暖差に驚いています。
温暖化の影響なのでしょうか。あまりに暖かいと少し不安になったりもする今日この頃です。

先日娘が蚊に刺されたと言っていました。本当にー??と思っていたのですが、
2日程前、蚊の声で明け方に目が覚めました。
1年の中で蚊と戦う期間は年々長くなっているような気がしていましたが、まさか12月に入ってからもいるなんて信じられませんでした。

そして、今日は昼間のキッチンにも出没。弱々しい蚊ではありましたがはっきりと目撃しました。。。

子供、特に赤ちゃんがいるご家庭では蚊対策にも気を遣う方も多いかと思います。
私も子供が生まれてから、あまり強い殺虫剤を使わない方が良いのかなどとどうするべきか迷い色々試したのですが、結局あまり気にしすぎても仕方がないという結論に至りました。今では蚊の出る時期には、一日一回シュッとスプレーするタイプのものを使っています。
寝室はみんなが朝起きた後にシュッ。リビングなどは寝る前にシュッとしています。

最近は毎日ではありませんが、数日に一回シュッとしています。まさか冬にまでやることになるとは思いませんでしたが仕方がないです。

みなさんは家の中での蚊対策、どのようにされていますか?

すぎなみフェスタ

すぎなみフェスタ2023今年も行って参りました!
https://www.sugifes.com
みなさんも行かれたでしょうか。

今年も大盛況でしたね!!
我が家は2日目のお昼前から参加しました。

娘のお友達が出演しているバレエの発表を鑑賞後、お昼ごはんをゲットすべくお店に繰り出しました。
親としては、台湾フェスタが気になっていたのですが、行列に怯みかけ、、、
しかし、お店とタイミングを選べばそんなに並ばずに買えるお店もありました。

子供達は焼きそばやフランクフルトなど定番のものがいいというので、こちらも並んでゲットしました。

いつも行ってから、忘れたー!となるのがレジャーシートです。
今年もしっかり失念してしまいました。。。
原っぱ公園の端の木の根本辺りに腰をおろしてお昼ごはんを頂きました!

子供がトイレに行ってくるといったので、場所を教えて行かせたのですが、
すぐに戻ってきました。行列ができているとのこと。
でも並ばないと行けないよと伝え、お友達も一緒に行ってくれるというので一緒に行かせました。

トイトレ中のお子様やまだトイレが我慢できない小さなお子様だとかなり早めにトイレに連れて行かないと厳しいなと思いました。むしろ行きたいと言われてから連れて行ったのでは遅いので、こちらから計画的に連れて行かないと行けないですね。

そして、子供連れでいく場合、やはり大人が2人以上いた方が安心で、スムーズかもしれません。
ご夫婦で、もしくはお友達のお父さんお母さんと行くと、どちらかが行列に並んで、もう片方の人が子供達を見ているなどできるので。

ご飯の後は、デザートを探しに散策したり、11月とは思えない暖かい日でしたので公園の端を流れている水遊び場でたくさん遊ばせて頂きました!

起震車の体験などもやってみたかったのですが、時間切れで断念しました。
また来年以降挑戦したいと思います。

今年も楽しいすぎなみフェスタを開催してくださり、関係者の方々本当にありがとうございました!

子供達に大人気の焼き芋 作り方は?

お子様によって食べ物の好き嫌いも本当にそれぞれですよね。
焼き芋が嫌いというお子様もいらっしゃるのかもしれませんが、あまり聞きません。
バナナに並ぶ子供に大人気の食べ物の一つです。

好き嫌いの多かった我が家の子供たちも焼き芋は大好きでした。
今も好きです。

おうちで作るか、八百屋さんなどで出来上がったものを買うこともあります。
買った石焼き芋はやはり格別美味しいですよね。
杉並区には昔ながらの八百屋さんがたくさんあるなと感じます。
八百屋さんによって焼き芋の味も色々で面白いですが、お店の方の人柄が焼き芋の味に出ているように思うことがあります。大袈裟かもしれませんが笑 

でもやはり毎回買うとお値段もそれなりにしますので、おうちで作ることの方が多いです。
みなさんどのように調理されていますか?

我が家では、以前は洗ったお芋をアルミホイルで包んでオーブンで焼いていました。160度で90分。夜寝る前に余熱なしでセットして、90分の後も朝まで余熱の中そのままにしておきました。ねっとり甘い焼き芋に仕上がります!

しかし、ホイルで一つ一つ包む作業が少々面倒なのです。そこで、ある時友人に教えてもらった炊飯器で焼き芋を作る方法を試しました。

炊飯器にお芋を入れ、水を適当にカップ半分くらいを入れて普通モードで炊くだけです。
炊き上がったらザルなどに入れ表面が乾燥したら焼き芋の出来上がりです。

まだ試されたことがない方はぜひ一度作ってみてください!

もち米とうもろこしご飯

我が家はよく炊き込みご飯を作ります。
子供達の偏食が激しかった幼児期にも、ご飯に混ざっている野菜などは比較的食べてくれたのと、単純に私と夫が炊き込みご飯好きというのもあります。

今日こちらで話題にしようと思っている「とうもろこしご飯」はいわゆる炊き込みご飯とは少し違うかもしれませんが、シーズン中は本当によく作ります。

白米ととうもろこしを一緒に炊き込むとうもろこしご飯は、昔からよく作っていました。
ところが、去年あるVoicyのパーソナリティさんが、もち米で作ったとうもろこしご飯を紹介していました。

我が家ではおこわもよく作るのですが、もち米とうもろこしご飯は作ったことがなかったので、もちろん早速試したのですが、これが本当に大ヒットでした。

作り方は普通のとうもろこしご飯を作る際と同様で、白米をもち米にするだけですのでレシピは必要ないかもしれませんが、念のため。

-材料-
もち米2合
とうもろこし1本
塩小さじ1強

1、もち米を研いで、炊飯器の内釜に入れおこわの2合のメモリで浸水させます。
2、とうもろこしの芯の周りの実を包丁で切り落とします。
3、米を浸水させてから、内釜に塩を加えてかき混ぜます。
4、とうもろこしの実と芯を上に広げて炊飯します。
5、炊き上がったら、芯を取り除きかき混ぜます。出来上がり!

もち米で試したことがない方、是非試してみてください^^

9月に入りとうもろこしの季節もそろそろ終わりになって来るかと思うと寂しいです。